« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

今日という日に寄せて…

ここにお越しの皆さん、こんばんは。

今日も“道徳の時間~さわやか3組~”へようこそ。

さて、去年の今日は、私の大好きなドリlovelyが4年に1度開く、ドリカムワンダーランド(DWL)2007のファイナルを国立競技場でやった日…。

たしか、去年の今日は日曜日で、翌月曜日が振り替え休日でした。思えば、3連休だったんだから、参戦することは可能だったはず…

でも…

私は九州内のライブに行くのがやっとで、東京までなんてとても考えられませんでした。しかも、一人で行く…というのに後ろめたさを感じて…(やっぱり母親だし、同居の家族を置いて自分の楽しみのためだけに東京まで行くなんて…)できなかったbearing

でも…後悔してる。行けばよかった…って。

だって、9月23日は私の誕生日birthdayなんだもの。

福岡のYahoo!ドームのDWL2007に参加したときに、“今日がお誕生日birthdayのみんなのために…”かなんかで、メンバー全員でnote“HAPPY HAPPY BIRTHDAY”noteを歌ってくれたんだもの。…で国立でもやってたのを、ライブDVDで見たもの…

あぁ、行けばよかったweep後悔先に立たず…です。

あれから1年。

今日は私の誕生日birthday

昔、私にこんな話をしてくれた人がいたのです。

「お誕生日は、自分のお母さんに“生んでくれてありがとう” と言う日ですよ。」confident

この話を聞いてから、毎年“よぉし、今年こそ言うぞ!!”って思うんだけど、言えなくて…weep

今年は言えるかな…そう思っていたら、次男がそのチャンスを私にくれました。

今朝、次男が私に「お母さん、お誕生日おめでとう」って言ってくれました。happy01

そして、すぐ側にいた母も「おめでとう」って言ってくれました。happy01

私は、今がチャンス!!と思い、2人に「ありがとう」と言った後、次男にこう話したのです。

「あのね、自分のお誕生日には、お母さんに“生んでくれてありがとう”って言うんだって…」と言い、母の方を向いて思い切って言いました。

「お母さん、生んでくれてありがとう…」って。

母は「どういたしまして…」と言ってくれました。

本当は、正座でもして言うべき大切な言葉なのですが、照れくさくてこれがやっとでした。この年になって、やっと言えた。…あはは…coldsweats01

ある程度の年齢になると“誕生日なんて嬉しくない”って言う人がいるけど、本当にそうかな?thinkとよく思うてとらです。

だって、誕生日だよ…

この日があるから今があり、この日があるから出会えた人がいるんだもの…confident

人生なんていいことばかりのはずがない。

でも、いろいろあっても生きててよかった…そう思う場面は結構あると思うのです。私は、年を取ることにあまり抵抗を感じない鈍感力の持ち主かもしれません。でも、年を取る…いや、年を重ねることは決して悪くないconfident…そう思ってます。

誰の誕生日でも同じ事を思います。

この日があるから、あなたと出会えました。

この日に心から感謝しています。

そして、この世に生まれるチャンスを与えてくれた神様、自分たちの分身として私をこの世へ送り出してくれた両親に、両親を生んでくれた祖父母に…と果てしなく感謝の思いは広がります。

生まれてきたことの喜びをいつも以上に感じ、そのことを心から感謝する日…それが誕生日なのかな…そう思っています。

2人の息子からは、HappyBirthDayの歌のプレゼントを貰いましたhappy01

家族でのささやかなお祝いの夕食の時間は、幸せをいっぱい感じる時間でした。

誕生日…って、やっぱりいいものです。

今や×1歴4年目になりましたが、息子達の誕生日には喜びが倍増。

私の子どもとして生まれてきてくれて、私のことを愛してくれて、この子達に出会えたことを嬉しく思うのです。子どもが愛おしいと思える日…それぞれを生んだ日のことを思い出します。初めて抱かせてもらえたときのあの喜びを…嬉しくて涙が流れたっけ…。

生まれてきてくれてありがとう…

私をお母さんとして選んでくれてありがとう…

やっぱり、誕生日っていい日です。

参戦できなかったけど、私の誕生日=DWL2007のファイナル…というのは私にとって、ちょっといい思い出なのです。

只今、研修中のてとら。これより、明朝、朝一で出すレポートの書き直し作業を再会します。ちなみに研修期間は7週間。研修が終了するのは10月31日。それまではなかなか更新できないかもしれませんが、たまにはここも覗いてくださいcoldsweats01

今日の思いheart01冷凍保存完了sign03

| | コメント (11) | トラックバック (1)

なりたいな…なれるかな?~めざせエコ人?!~

先日、台風typhoon13号の影響で、一時的に激しい風雨に見舞われ、落雷thunderに悲鳴を上げ、停電で仕事がストップし、早退したかったてとらぽっとbearingです。

今日も、“道徳の時間~さわやか3組~”へようこそ…

さて、今日の“ドリブログ番外編 A嬢の物語”はエコな話題でしたね。しかも、まささんまで登場して…まささんって、今、どこでなにをしているのでしょうか?この前いたところと今日いたところが違う…ってことが、日常になってて…bearing

凡人のてとらには、NYと日本を自由に行き来するまささんが、凄い人に見えます。(いや、実際、凄い人ですが…)かっこいいですよね。あんなふうに、国と国を行き来できる人なんて身近にいませんから、アーティストって、ホントに忙しいのね…としみじみ思うのです。

話を元に戻しましょう。

息子達の通う学校は、何でもエコな活動に参加する学校になったとか…で、今、2人とも何やらチェック表を付けています。自分が地球環境に優しいことをどれだけやっているか…をチェックしていく様な感じ…

例えば、エアコンの温度は低すぎない設定にしていますか?とか、お風呂のお湯や水は大事に使っていますか?…みたいなことだったと思っています。毎日、2人とも「よし。よし。」と一つ一つ確認しながらやっています。

私たちが子どもの頃…って、こんな活動なかったよな…と思うてとら。

循環型社会…そんな言葉も聞かれるようになり、以前、BDF(バイオディーゼル燃料:廃食油=使用済みの菜種油を利用して作った燃料)で走る車やトラクターを見たこともあります。それは、排出ガス0ではないのですが、循環型燃料…ということで注目されていました。

エコ替え…という言葉もCMでよく聞きますが、買い換えには資金も必要で…頭の痛いところです。

時々思うのです。息子が私くらいの年齢になったとき…

地球はどうなっているのかな?

自然環境は?

町の様子は?

ここ(自分たちの住んでいる町)にはまだ豊かな自然が残っているのかな?

そう思うと不安だらけです。今の豊かな自然がこの先何年も続くためには、今の子供たちにそれを受け継ぎ、守り、後世へ引き継ぐことの大切さを理解させ、やる気にさせ、実践に結びつけなければ無理なんだろうなぁ…と思いました。

改めて、自分にできるエコなこと…を探してみよう…そう思いました。

太陽光発電の1日の発電量を見て、一喜一憂する我が家の家族を見ながら、いつまでもこの自然環境が保たれればいいなぁ…と思いました。

今日の道徳の時間は、これまで…。

今日の思いheart01冷凍保存完了sign03

| | コメント (8) | トラックバック (0)

親として…

みなさん、こんばんは。

今日も、“道徳の時間~さわやか3組~”へようこそ。

外では、虫たちの声が聞こえ、朝夕もほんの少し涼しくなり、“秋”の訪れを感じる今日この頃、みなさんの所はどうですか?

最近、長男の心の成長を感じるてとら。

今日は、野球の練習日。でも、練習にも行ってない2人の息子に、?と思っていました。てとらの家族は、みな運動音痴。てとらについて言えば、精神は恐ろしいほど体育会系(しかも、熱く燃える体育会系impact…)なのです。タハハcoldsweats01だから、我が家の2人息子も、野球少年団に所属はするものの、なんちゃって野球部だし、万年ベンチウォーマーなのです。練習に行っても試合にはほとんど出してはもらえない。それでも、メンバーの1人なんだから…とランナーコーチやその他諸々の雑用を率先して引き受けよう…そう話して聴かせてました。

親ですからね…身びいきもあるとは思うのですが…。出られないとわかっている試合でも、弁当を作り、丸一日息子の試合に付き合うのです。選手以外でしか活躍の場のない息子を見るのは、正直、辛いものがあります。でも、勝負の世界は厳しいのだから、仕方ないことと…と割り切っていました。息子もそれに納得し、けなげなくらいチームの一員として頑張っていたと思うのです。下手は下手なりにやってる。下手だけど、野球に対する“熱”を感じていたのです。

ところが、最近、その“熱”が感じられなくなったのです。

何だか変だよなぁ…そう思い、時間だけが過ぎていきました。そして、今日。

練習に行っていないことをきっかけに、長男といろいろ話をしました。

「前は練習に行っても試合に出られないのは仕方ないと思っていたけど、仲間に下手…とか、下手だから試合に出られないのだ…と言われることが、最近はつらいのだ」

息子の言い分はそういうことでした。文章にまとめるとたったこれっぽっちのことなのですが、これを話すのにかなり時間がかかりました。私に話すために、考えを整理したり、話すことそのものに戸惑いを感じたり、彼の心の中にはいろんな思いが渦巻いていたのでしょう。だから、ぽつりぽつり話しながら、涙を流したのだと思うのです。

親として、胸が苦しいです。小3から始めた野球。卒業までは続けるという約束で始めた野球。下手だけど、野球が楽しくて練習に通っていた長男が、いつしか野球の楽しさを味わえなくなっていた。そのことで悶々とした日々を送り、今、今後の自分の在り方について真剣に考え、悩んでいる。卒業まであと半年。その時期になって、“辞める”のが、親子共に悩んでいるところなのです。

「あと半年と言うところで辞めると、これまでの努力が水の泡になる」

「今辞めると、バカにした仲間に負けたようで、悔しい」

私も長男も同じ部分で悩んでいるのです。

私にはわからないのです。ここで辞めることがいいのか、励まして続けさせることがいいのか。親なのに、よくわからないのです。私の中でいろんな私がやりとりをするのです。

何事も続けさせることが大切なんだ!!

今逃げたら、これから先もイヤなことがあると逃げてしまう人になるのでは?

世の中、いいことばかりではない。むしろ、ストレスの塊。そんな社会で生きていけなくなるのではないか?

好きだったものを好きだと感じられないような状況で続けさせることに意味があるのか?

私の中でいろんな思いが渦巻いている…

私の親としての思いは長男には伝えました。

どんな結論であっても、構わない。どちらであっても、後悔はしないこと。それぞれの場合で今後をシミュレーションしてみて結論を出す方法もある。今回、辞めたとして、何でも辞めたり逃げたりはできないこと…など、いろいろ。長男は私の話を真剣に聞き、頷いていました。

親なんて何にもできない、微力な存在です。

長男は心の成長期=思春期に入ったようです。これまで気付かなかった自他の関係。自分という存在…自我の芽生えってこういうのをいうのでしょうか…

私にとって息子はかけがえのない存在であること。いつも愛していること。何かあったら命がけで守ること。息子のよき理解者でありたいと思っていること。相談相手に選んでほしいと思っていること。ありのままのあなたでいいということ…最近、息子のいろんな変化に遭遇し、息子が“困ったなぁ”と感じていることに出会うと、必ずこれらを伝えています。と同時に、自分自身に言い聞かせています。

息子の出した結論に快く“わかった…”と言ってあげたいのです。

物わかりの言い親になろうというのではないけれど、よほどのことがない限り、息子の出した結論を尊重したいと思うのです。でも、それが本当に息子のためなのかがわからない…のです。だから、胸が苦しいのです。

親って、苦しい思いをするものなのですね…私の両親も、こんな思いをしていたのでしょうね。そう思うと、親に感謝したい気持ちでいっぱいになります。

今日の道徳の時間はここまで…

今日の思いは、ちょっと甘ずっぱい気がする。

この思い、冷凍保存して、解凍する日が来るのかな?

| | コメント (15) | トラックバック (0)

あなたは…?

ここにお越しの皆様、お久しぶりです。

最後に更新した日(8月21日)直後から、怒濤のような日々を過ごしておりました。途中、ちょっと体調を崩し、自分の体は生身であるのだと確認したてとらです。あはは。

ドリブロガーとして、まささんがお休みに入る前に…と思ってはいたのですが、残念。まささんは、お休みに入り、A嬢様の登場で、違った意味でブログが盛り上がっているのはベイビーズとして嬉しい限りです。

さて、今日は“運命数”について、お知らせしたいと思います。

その前に…

てとらの卒業した高校では、毎年、盛大にOB祭なるものが開催されます。(今年は、てとらたちの番でしたが、その様子は、一難去ってまた一難?!一難去らずにまた一難?!をお読み下さい。)

…で、うちの同窓会には担当学年別に掲示板があって、そこに同窓生がいろいろと近況を報告したり、思いを綴ったりしているのです。その中で最近話題になったのが、“運命数”なのです。同窓生の中には、占いに詳しい人とか、オーラカラーについて詳しい人とかいるのね。最近、A嬢様の登場で、ドリブログもタロット占いがちょっとした人気じゃない?!…で、てとらも、どうせならその路線で…って思って、前述の掲示板で話題になった“運命数”を紹介することにした…ってわけ。(前置きが長くてごめんね)

では、その運命数の出し方ですが、生年月日をもとにして計算します。

(例) 1978年9月7日生まれの人の場合
   1+9+7+8+9+7=41
   4+1=5 →  これが運命数。

 つまり、自分の生年月日(西暦で)に出てくる数字を全部たし合わせて1桁になるまで計算したものが“運命数”というのだそうです。

さぁ、みなさんも紙と鉛筆を用意して、ご自分の運命数を計算してみて下さぁい!!

・・・・・・・・・・・・(計算中)・・・・・・・・・・・・・

計算は終了しましたか?それでは、結果をお知らせします。

1・・正義感が強く、同僚や部下の面倒見がいい、親分肌タイプだそうです。
2・・行動する前によく考え、どこでも上手くやっていける人…だそうです。
3・・すべてにおいて処理能力が高く、努力家でもあるので、成功者になりやすいタイプ
4・・情に流されることはなく、冷静な判断をすることができる…だそうです。
5・・常に変化を求めていて、いつも周囲にアンテナを張って、冒険心に富んでいる…。
6・・思いやりがあり、人の気持ちに敏感な反面、かなりこだわりを持っているようです…ね
7・・深い好奇心や探究心、洞察力があり、直観力も鋭く人には弱みを見せない…だそう。
8・・バイタリティーがあり、仕事に対して誰よりも真剣で最後までやり遂げる…だそう。
9・・分析力が凄く、人や物に対して的確な判断ができて、感受性も鋭いよう…だそう。

これが、てとらの同窓生の披露してくれた運命数の話。でも、諸説いろいろあるようですので、ご愛敬…ってことでよろしくお願いします。

ちなみに…てとらは、「9」でした。9…の所を読んで、そうかなぁ?そうかも…と思いました。てとらをご存知の皆さんは、どう思われますか?

さらに余計なお世話ですが、私の大好きな(いや、みんなも大好きだよね)吉田美和さんは「5」、でもって、中村正人さんは「7」です。どうかな…ぴったり?!かな。

チーズやタイヤ(ネットで見ただけ。まだ、てとらの所ではon airされてません)のCMを見ながら、これら2曲、全部を早く聴きたぁい…そう思いました。

今日の道徳の時間はここまで…

今日の思いheart01冷凍保存完了sign03

     

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »