日記・コラム・つぶやき

親として…

みなさん、こんばんは。

今日も、“道徳の時間~さわやか3組~”へようこそ。

外では、虫たちの声が聞こえ、朝夕もほんの少し涼しくなり、“秋”の訪れを感じる今日この頃、みなさんの所はどうですか?

最近、長男の心の成長を感じるてとら。

今日は、野球の練習日。でも、練習にも行ってない2人の息子に、?と思っていました。てとらの家族は、みな運動音痴。てとらについて言えば、精神は恐ろしいほど体育会系(しかも、熱く燃える体育会系impact…)なのです。タハハcoldsweats01だから、我が家の2人息子も、野球少年団に所属はするものの、なんちゃって野球部だし、万年ベンチウォーマーなのです。練習に行っても試合にはほとんど出してはもらえない。それでも、メンバーの1人なんだから…とランナーコーチやその他諸々の雑用を率先して引き受けよう…そう話して聴かせてました。

親ですからね…身びいきもあるとは思うのですが…。出られないとわかっている試合でも、弁当を作り、丸一日息子の試合に付き合うのです。選手以外でしか活躍の場のない息子を見るのは、正直、辛いものがあります。でも、勝負の世界は厳しいのだから、仕方ないことと…と割り切っていました。息子もそれに納得し、けなげなくらいチームの一員として頑張っていたと思うのです。下手は下手なりにやってる。下手だけど、野球に対する“熱”を感じていたのです。

ところが、最近、その“熱”が感じられなくなったのです。

何だか変だよなぁ…そう思い、時間だけが過ぎていきました。そして、今日。

練習に行っていないことをきっかけに、長男といろいろ話をしました。

「前は練習に行っても試合に出られないのは仕方ないと思っていたけど、仲間に下手…とか、下手だから試合に出られないのだ…と言われることが、最近はつらいのだ」

息子の言い分はそういうことでした。文章にまとめるとたったこれっぽっちのことなのですが、これを話すのにかなり時間がかかりました。私に話すために、考えを整理したり、話すことそのものに戸惑いを感じたり、彼の心の中にはいろんな思いが渦巻いていたのでしょう。だから、ぽつりぽつり話しながら、涙を流したのだと思うのです。

親として、胸が苦しいです。小3から始めた野球。卒業までは続けるという約束で始めた野球。下手だけど、野球が楽しくて練習に通っていた長男が、いつしか野球の楽しさを味わえなくなっていた。そのことで悶々とした日々を送り、今、今後の自分の在り方について真剣に考え、悩んでいる。卒業まであと半年。その時期になって、“辞める”のが、親子共に悩んでいるところなのです。

「あと半年と言うところで辞めると、これまでの努力が水の泡になる」

「今辞めると、バカにした仲間に負けたようで、悔しい」

私も長男も同じ部分で悩んでいるのです。

私にはわからないのです。ここで辞めることがいいのか、励まして続けさせることがいいのか。親なのに、よくわからないのです。私の中でいろんな私がやりとりをするのです。

何事も続けさせることが大切なんだ!!

今逃げたら、これから先もイヤなことがあると逃げてしまう人になるのでは?

世の中、いいことばかりではない。むしろ、ストレスの塊。そんな社会で生きていけなくなるのではないか?

好きだったものを好きだと感じられないような状況で続けさせることに意味があるのか?

私の中でいろんな思いが渦巻いている…

私の親としての思いは長男には伝えました。

どんな結論であっても、構わない。どちらであっても、後悔はしないこと。それぞれの場合で今後をシミュレーションしてみて結論を出す方法もある。今回、辞めたとして、何でも辞めたり逃げたりはできないこと…など、いろいろ。長男は私の話を真剣に聞き、頷いていました。

親なんて何にもできない、微力な存在です。

長男は心の成長期=思春期に入ったようです。これまで気付かなかった自他の関係。自分という存在…自我の芽生えってこういうのをいうのでしょうか…

私にとって息子はかけがえのない存在であること。いつも愛していること。何かあったら命がけで守ること。息子のよき理解者でありたいと思っていること。相談相手に選んでほしいと思っていること。ありのままのあなたでいいということ…最近、息子のいろんな変化に遭遇し、息子が“困ったなぁ”と感じていることに出会うと、必ずこれらを伝えています。と同時に、自分自身に言い聞かせています。

息子の出した結論に快く“わかった…”と言ってあげたいのです。

物わかりの言い親になろうというのではないけれど、よほどのことがない限り、息子の出した結論を尊重したいと思うのです。でも、それが本当に息子のためなのかがわからない…のです。だから、胸が苦しいのです。

親って、苦しい思いをするものなのですね…私の両親も、こんな思いをしていたのでしょうね。そう思うと、親に感謝したい気持ちでいっぱいになります。

今日の道徳の時間はここまで…

今日の思いは、ちょっと甘ずっぱい気がする。

この思い、冷凍保存して、解凍する日が来るのかな?

| | コメント (15) | トラックバック (0)

ブログデビュー

この夏、どうしてもやりたいことの中に「ブログデビュー」というのがありました。

私の大好きなお友達が、ちょっと前にブログデビューを果たし、もろに影響を受けました。

おしゃべり好きな私は、ここでもおしゃべりを楽しみたいと思っています。

この年になっても“初(デビュー)”が残ってるってことを、嬉しく思います。

まだまだ、進化する余地があるということだと、拡大解釈しています。「あはは」

たくさんのみなさんと繋がりたいと思っています。

こんな私ですが、「どうぞよろしく」です。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

日記・コラム・つぶやき